人が亡くなると、必ず葬儀を行います。
これは遥か昔から続く慣習であり、日本では冠婚葬祭という人生の大きな出来事のひとつとして捉えられています。
葬儀を執り行うということは故人をきちんと向こうへ送り届けるという意味もありますが、残った人々にとってもとても大切な役割を果たします。
故人を忘れないことは大切ですが、いつまでも思い続けることがいいこととは限りません。
葬儀を経ることで、故人をきちんとしたカタチで過去と認識することができ、これからを生きることができるのです。

そんな葬儀ですが、最近ではカタチが変わりつつあります。
以前は家族親族、ご近所さん、友達や会社の人も含めた大規模なものが多く、準備に関しても隣近所と助け合いの精神で行っていました。
しかし、現在では家族や親族のみを対象とした小規模な葬儀である家族葬が主流になりつつあります。
この場合は準備も規模が小さくなりますし、隣近所の人と協力してというわけではなく、葬祭サービスなどに依頼をする場合が非常に多いものです。

何故家族葬が好まれるようになったのかですが、これには様々な理由があります。
少子高齢化も大きな原因ですし、他人との関係が希薄になっているということも考えられます。
しかし、そういった仕方のない理由のほかにも、故人や遺族の希望として行われることも多いもの。
家族葬は通常の葬儀に比べて自由度が高いものなので、そういった点が好まれることもあるのです。

そんな家族葬について、少しお話していきたいと思います。

オススメ外部リンク

カテゴリー